まるノート

備忘録も兼ねて、様々なお役立ち情報をまとめています。

【Vivaldi】インストールから初期設定の記録

ブラウザ「Vivaldi」のインストール方法と初期設定のメモです。
普段ブラウザはChromeを使用していますが、ちょっと他のブラウザも使ってみようかなあという気持ちでVivaldiなるブラウザを使ってみようと思いました。

どうやらカスタマイズ出来る箇所が豊富にあり、なおかつメモリ消費量が少ないとのこと。


導入方法

ダウンロードからインストールまで

ダウンロードページ > 「Windows 64bit」をダウンロード
https://vivaldi.com/ja/download/

早速起動すると、右上に「高度な設定」なるボタンがある。開いてみます。

「インストール単位」をユーザー別や全てのユーザーで指定できます。 他のブラウザもこんな感じだっただろうか。とくに何も変更せず「承認してインストール」を選択。


初回起動

速攻でインストールが終わるとすぐに下の画面になりました。ベーシックのまま「続ける」を選択。

続けて、他のブラウザから設定をインポートする画面、自分は普段使っているchromeを選択

今度は保護レベルを選択する画面。「トラッカーと広告をブロック」を選んで「続ける」を選択。

まだ続く…テーマはとりあえずデフォルトを先t買う。「システム設定を引き継ぐ」ってなんだろう。 ググってみると、、

『また、ブラウザのテーマをオペレーティングシステムの明るいテーマまたは暗いテーマに一致させることも可能です。 設定 > テーマ > テーマのスケジューリングで、システム設定を引き継ぐを選択し、ライトモードとダークモードの両方にプリインストールまたはカスタムテーマを割り当てます。』

なんかOSのテーマだかレイアウトに合わせてくれるらしい。とりあえずそのまま「続ける」。

今度は「タブの位置」。勝手に決めてくれと思うのだが、ここらへんがカスタマイズが自由で柔軟と言われる由縁なのでしょう。「続ける」を選択。

次は便利機能の紹介。あとでゆっくり試してみるとして「完了」を選択。

完了!画面はこんな感じです。


起動後に最初に行った設定

次に初回起動後に自分で変更した設定をメモしておきます。


ブックマークとスピードダイヤル

ブックマークバーを表示

別ブラウザからインポートしたブックマークをブックマークバーに表示する方法。 Vivaldiをインストールした際にインポートするしないを聞かれます。
こちらは案内に従い実施済み。

使い慣れているブラウザだと何気なく行っていたが、少々迷いました。
まずは画面左上(赤枠部分)を押すと以下のようになっているはずです。

「スピードダイヤル」フォルダ:デフォルトで存在
「Bookmarks」フォルダ:デフォルトで存在
「インポートしたブックマーク」フォルダ

「インポートしたブックマーク」フォルダは削除し、「ブックマークバー」フォルダを取り出す。

「ブックマークバー」フォルダを選択して「バックマークバー」チェックボックスにチェックを入れる。 画面上部にブックマークが表示されるようになります。

スピードダイヤルフォルダを決める

次にスピードダイヤルについて、
yahooのようなポータルサイトであったりamazonのようなショッピングサイトのトップページを登録するのが一般的です。

初めから存在する「スピードダイヤル」フォルダを選択すると、画面下部の「スピードダイヤル」チェックボックスがONになっているのが見えます。
ダイヤルページに並ぶのは、「スピードダイヤル」チェックボックスがONのフォルダに登録したWebページです。

このまま、もともとあるスピードダイヤルを使っても良いし、全て削除してから登録し直しても良いでしょう。
自分は別のフォルダを作成して、そちらをスピードダイヤル用のフォルダにしています。
ちなみにVivaldiゲームなるWebサイトがもとのスピードダイヤルには登録されていて、アクセスすると横スクロールのゲームができます。


スタートページのナビゲーションを非表示にする

次に画面上部にナビゲーションがありますが、これは非表示にしました。とりあえず左サイドにある開閉式のパネルで十分。
ナビゲーション部分で右クリック>チェックを外すとの緑枠部分が非表示になります。

なお画面左下のアイコンを押すと左サイドメニューも隠すことができます。


設定画面

一般

「設定」>「一般」から一般設定を選択して以下のように変更。

「起動時にチェック」     :「ON」→「OFF」
「起動時に開くページ」    :「ホームページ」→「最後のセッション」
「終了確認」         :「ON」→「OFF」
「ウィンドウを閉じる際の確認」:「ON」→「OFF」

アドレスバー(リーディングリスト有効化)

「アドレスバー」を選択「リーディングリストを表示」をON
これはなかなか気が付かなかった…てっきりリーディングリスト機能自体ないと思い込んでいたがこんな所に発見。 他の設定はとりあえず変更なし。
ブックマークとリーディングリストがあればスピードダイヤルはあまり使う機会がなさそう。

画面右上にリーティングリストのアイコンが表示されるようになります。

検索

テーマ~マウスまでの設定はとりあえずそのまま。
「検索」を選択して「デフォルト検索エンジン」を標準のbingからgoogleに変更。 プライベートウィンドウの検索エンジンはDuckDuckGoのまま。
プライベートウィンドウは画面左上のメニュー>ファイル > 新しいプライベートウィンドウ
またはCtrl + Shift + NでもOK

DuckDuckGoは個人情報保護がより強固なブラウザのようです。 そういえば自分のはてなブログのアクセス解析を見ると、検索元の検索エンジンとして、結構DuckDuckGoが使用されていました。結構浸透しているのかもしれません。
またプライベートウィンドウだとcookieやキャッシュが残りません。これはchromeでも一緒ですが、検索エンジンには検索情報が何らかの形で残ってしまうのでどうしようもありませんでした。Vivaldiだと検索エンジンもプライベート用に設定できます。

テーマ

あとは使いながら色々変えると思うので、ある程度定まってきたら今後公開しようと思います。 既存のブラウザテーマはなんか錦鯉みたいな色で明るすぎる。これは少なくともこのままにはしないと思う、なので最後に今回変えたテーマを紹介して終わり。

既存のVivaldiからSubtleに変更。Darkも悪くないと思います。

以上、Vivaldiの導入方法と初期設定の紹介でした。