まるノート

雑記ブログです。

【AutoHotkey】インストールと初期設定の方法

f:id:marumaruchanmaru:20220315213804p:plain

AutoHotkeyのイントール方法と初期設定についてメモ。  
AutoHotkeyを使えば、例えば「無変換」キーと「Space」キーを組み合わせて「Enter」キーの動作をさせるといった様々なキーカスタマイズが可能になります。

 

インストール方法

ますは以下のサイトからインストーラをダウンロードします。

AutoHotkey

インストーラを起動します。
自分はとりあえず「Express Installation」を選択しました。

f:id:marumaruchanmaru:20220220212814p:plain

「Installation complete」と表示されたら完了です。このまま閉じてOK。

f:id:marumaruchanmaru:20220220212816p:plain

 

初期設定方法

ここから先が少し迷いました。
あらかじめ、AutoHotKey専用のフォルダをどこでも良いので作っておきます。 
これから作るAutoHotkeyのスクリプトをずっと格納することになるので、どこに作成するかは考えて決めておいた方がよいでしょう。

f:id:marumaruchanmaru:20220220212819p:plain

フォルダ上の何も無い所で右クリック>「新規作成」>「AutoHotkey Script」なる項目が表示されているはずなので、選択します。

f:id:marumaruchanmaru:20220220212822p:plain

拡張子「ahk」のファイルができるので好きな名前をつけます。

f:id:marumaruchanmaru:20220220212824p:plain

ファイルを開くと下の画像のようになっています。
初めから書いてある内容は無視してOK。(消しても問題ない)

f:id:marumaruchanmaru:20220220212827p:plain

次に下のようにスクリプトを記述して保存して閉じます。
※記述の意味はとりあえず省略

f:id:marumaruchanmaru:20220220212830p:plain

次に、保存したスクリプトを選択して右クリック > Run Script を選択して実行すると、AutoHotkeyが起動し、キーボードのカスタマイズが適用されます。

f:id:marumaruchanmaru:20220220215132p:plain

タスクバーにAutoHotkeyが在中するようになります。

f:id:marumaruchanmaru:20220220215415p:plain

 

Windows起動時の自動起動アプリに登録

Win + R > shell:startup でスタートアップフォルダに、
作成したスクリプトのショートカットを格納しておきます。

f:id:marumaruchanmaru:20220220212833p:plain

以上で初期設定は終わりです。

 

スクリプト書き換える場合

編集方法

AutoHotkeyのスクリプトを右クリック >  Edit Script を選択。

f:id:marumaruchanmaru:20220220215235p:plain

再読み込み

タスクバーのAutoHotkeyを右クリック > Reload This Script を選択

f:id:marumaruchanmaru:20220220215901p:plain

以上がインストールから初期設定の方法です。

詳しいスクリプトの記載方法は気が向いたら書こうと思います。